新築マンション・分譲マンション購入をお考えなら株式会社シティインデックス

今、マンションを購入する理由

今、マンションを購入する理由

マンションを購入する際の不安にお答えします。

q1

家賃を払っているくらいなら新築マンションを買ったほうがいいのでしょうか?

たしかにそうかもしれません、賃貸の家賃は払い続けても資産になることのない掛け捨てです(※2参照)。マンション購入なら御自分の資産として残ります。また、月々の支払いも「シティインデックス神田」はボーナス払いなしでも月々返済8万円台からと周辺賃貸相場(※1)と比べても変わらない様な金額で購入できます。

※2 家賃の支払総額早見表
月々の家賃 2年後 5年後 10年後 35年後
13万円 312万円 780万円 1,560万円 5,460万円
14万円 336万円 840万円 1,680万円 5,880万円
16万円 384万円 800万円 1,600万円 6,720万円
18万円 432万円 1,080万円 2,160万円 7,560万円

q2

どのような年代の方が購入しているのでしょうか?
購入された方はどんな所が決め手だったのでしょうか?

先進の設備や機能的な水回り、優れたセキュリティ等が標準装備されている点、それでいて家賃と変わらない支払いで購入できる点を評価いただいております。住まなくなった場合も安心なので、女性にも高い人気があり、男女の購入比率では女性が47%もいます。年代別に見ると、20代、30代が合計で60%以上もの割合を占めています。

男女別購入比率 男性 53%  女性 47% 年代別購入比率 当社マンション購入者

q3

頭金が価格の10%程度必要と聞きました。
貯蓄はあまりしていないのですが、購入はあきらめたほうがよいのでしょうか?

たとえば、206号室3,470万円のお部屋だと350万円必要ということになります。月々4万円ずつ貯めても7年以上かかる計算です。その点「シティインデックス神田」なら頭金は10万円から購入可能です。敷金・礼金や更新料のかかる家賃と比べてみてはどうでしょう?

ちなみに・・・

  • 頭金10万円で購入した場合
  • 頭金100万円で購入した場合
  • では、
月々の返済額は約2,400円の差しかありません。

購入後に貯金をして余裕があるときに繰り上げ返済してみては?

q4

万が一の時にはマンションの支払いはどうなるのでしょうか?

ローンで購入した場合には、ほとんどの場合団体信用生命保険に加入しなければならないため、名義人が死亡、失明や言語機能を失うなど、高度障害状態になった時、残っていたローンはすべて保険で支払われ、もちろんマンションもご家族も残ります。つまり、普通の生命保険なら、受取人へ現金で下りるのに対し、団体信用生命保険ならマンションが残るので残されたご家族も安心です。

万が一の場合にも・・・残された家族にマンションが残り、残りのローンも免除されます。

低金利という言葉は良く聞きますが
実際の所はどうなのでしょうか?

ローン金利は低いまま、お得に借りられる時代はまだまだ続くでしょう。金利が大きく上がる可能性がほとんどない今が超低金利でローンを組めるチャンスです。

さらに当社紹介のローン利用でさらに金利優遇

  • 通常金利2.775%
  • -
  • 優遇金利-2.298%
  • =
  • 実行金利0.477%

※2018年1月現在 ※審査等により金利は異なる場合があります。

たとえば、転勤・結婚等、自分のライフスタイルが変わる事で、
住む必要が無くなってしまうことが不安です。

サブリースシステムを利用すれば、住む必要のなくなった部屋を有効利用できます。

こんなときでも安心! そんな時でも責任を持って借り上げるので安心です。

サブリースシステム

当社紹介管理会社が建物を一括して借上げ、一切の家賃運営業務を行うシステムです。空室、賃料滞納、集金の手間など、賃貸経営における様々なリスクを回避することができます。

賃料保証 物件管理全般クレーム処理全般更新管理業務の代行

サポートシステム

当社紹介管理会社がオーナー様に代わって運営・管理事務を行うシステムです。賃料の滞納、日常管理の手間、各種クレームなどは対応いたします。収益を最優先に考える賃貸運営を行うことが出来ます。

滞納保証物件管理全般クレーム処理全般更新管理業務の代行
※空室時の家賃保証はありません。
※1「毎月の家賃収入」とは、当社紹介管理会社の審査による賃貸であり、2~4年の自動更新または2年毎に契約と賃料を更新するもので、毎月の賃料及び入居者を将来に渡って保証するものではありません。尚、毎月家賃収入額は公租、公課、及び物件維持に必要な費用を控除する前のものです。また、月額管理費・修繕費・修繕積立金は所有者(購入者)のご負担となります。詳しくは係員にお尋ね下さい。
家賃保障システム活用イメージ図

【Fタイプ/206号室の場合】

マンション購入

毎月の支払い-8.4万円

突然の転勤

賃貸借契約を家賃保障システムで、賃貸借契約 この間の家賃をお支払い家主は何もやる事無※2~4年自動更新 ローン完済後も変わらず家賃収入

毎月の支払い-8.4万円
毎月の家賃収入※+11.7万円

毎月の家賃収入※+11.7万円

月額収入

部屋 家賃保障システムで貸した場合
Fタイプ206号室 117,300

このページの先頭へ

  • 今、マンションを購入する理由
  • シティインデックスクラブ
  • 資料請求
  • お問い合わせ