コンパクトマンションの賃貸と分譲の違い

コンパクトマンションの魅力

賃貸と分譲の違い

分譲のコンパクトマンションは設備・仕様の良さから賃貸でも人気

分譲コンパクトマンションと一般賃貸マンションの仕様の違い

なんと言っても、コンパクトマンションは設備・仕様がハイグレードであると言えます。壁も厚く、床も二重床など防音にも配慮しており、隣の部屋の音も気になりません。共用部分(廊下やエレベーター)の清掃やメンテナンス等、管理体制もよくエントランスや廊下が一般賃貸物件より広いということも言えます。さらに宅配BOXや専用ゴミ捨て場など生活する上で便利な設備もついています。

間取り

間取り

独立型キッチン。
間仕切りを開ければ広い空間として利用可能。お風呂に窓がつくゆったりとした広々1LDKプラン。
壁が厚く、二重床の採用など防音性が高いものが多い。

リビング

リビング

広くて開放的なリビング。
ゆったり快適にお寛ぎいただけます。
防音性にも優れ周囲に気兼ねなく趣味の映画鑑賞や音楽鑑賞もできます。

キッチン

キッチン

洗練されたデザイン。
隅々まで使いやすい収納スペース。
料理をするのが楽しくなります。

バスルーム

バスルーム

足を伸ばせる広々とした浴槽。一日の疲れをゆっくりと癒せます。
フルオートバス・浴室乾燥機付き。

トイレ

トイレ

清潔感溢れる、温水式のトイレ。

洗面所

洗面所

三面鏡付き洗面化粧台。鏡面の裏側にも収納できます。大きな鏡でセットも楽にできます。

クローゼット

クローゼット

ウォークインクローゼット。
衣装選びも簡単で衣服以外の収納力も。

外観

外観

お洒落な外観のものが多く個性的な外観の建物がふえております。マンションによってはその街のランドマーク的な存在のマンションも。

エントランス

エントランス

外観同様マンションの顔であるエントランスは中庭やゲスト用のラウンジがあるものも多くホテルの様な空間を演出しているマンションが多くなってきています。

このページの先頭へ