DESIGN

光が丘のやすらぎと
機能性を纏う地

「光が丘」駅へ徒歩9分の利便性に満ちたポジションに生まれる、羨望を呼ぶ暮らしの舞台です。
住まいには、街が持つ快適性を謳歌しつつ、ステイタス漂う日々を創造する仕様を採用。
上層階のバルコニー面からは低層の住宅街が一望となり、遮るものなき景観が堪能できます。

暮らしの美意識を叶える邸

住む歓びをさらなる高みへと導くために、品位を考えたデザインとしています。
外観フォルムは、落ち着いた街並みにひときわの存在感を主張する格調の漂う意匠。
憩い感じる敷地レイアウトや植栽にも、きめ細やかな心配りが整っています。

気品の漂うエントランス

街路面には、高級感が感じられるエントランスゲートをレイアウトしています。
さらに、エントランスアプローチには、シンボルツリーとして美しい緑が外観と調和したヤマボウシを配植。
それらは、ここから始まる暮らしのシーンをシンボライズする設えとなっています。

第一種低層住居専用地域に
位置する本物件

現地は通行量が多いバス通りから約18m奥に立地し、狭間にある建物が防音壁の役割を果たすことで、
さらなる静かさを実現しています。また、上層階のバルコニー面からは第一種低層住居専用地域が広がり、
向かいの戸建てとの間には約4.5mの窓先空地があることから、圧迫感からも開放されます。

四季の自然を愉しむ植栽

敷地内の要所には、シラカシ、ヤマツツジなど、四季折々に美しい表情を見せる植栽を配置。住まいながらにして四季の移り変わりを堪能することが可能となっています。さらに、計画的に配された高木・低木は、建物の外観に美しき彩りを添えています。

質の高いマテリアル

ファサードには、シャープさと同時に重厚感を醸し出すために、ブラウン系とホワイト系のタイルをあしらった印象的なカラーコーディネイトを採用。高級感を物語るタイルのレイアウトが、豊かさに満ちた日常を演出します。

※掲載の完成予想図は全て、図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
※掲載の眺望写真は2019年10月にドローン撮影を行ったものです。また、高さは想定で実際とは多少異なります。また、眺望については将来に渡って保証するものではありません。予めご了承ください。