利便と住環境が出会う駅近ポジション、お一人暮らし向け/STUDIO・1LDK 新築分譲マンション

資産性

Asset
Value
資産性

資産性への期待が高まる
駅近コンパクトマンション

単身世帯が多く、人口も増加傾向にある蕨市。
「コージーコート蕨」はコンパクトマンションの需要が高いと言えるJR「蕨」駅近エリアに
誕生します。

POINT 1

コンパクト物件の
需要が多いエリア

埼玉県内の市区町村を比較した平均世帯人員調査では、蕨市が1.93人と最も平均世帯人員が少なく、一人暮らしや夫婦二人といった少人数世帯が多い市だということ分かります。さらに本物件が誕生する中央3丁目の平均世帯人員は市内の中で最も少なく、このことからもコンパクトマンション需要が見込めるエリアだと推測できます。

■埼玉県平均世帯人員

埼玉県平均世帯人員

■蕨市別平均世帯人員

蕨市別平均世帯人員

※平均世帯人員は各市・区のホームページから人口÷世帯数=世帯平均人数として算出。平成31年1月1日現在の数値。

※世帯数、人口等は住民基本台帳からの集計値です。さいたま市HPより抜粋。平成31年1月1日現在の数値。

POINT 2

働く世代に評価され
人口増加へ

蕨市の総人口は10年前に比較して約4.3%増と大きく増加しています。その中で特に注目したいのが生産人口(15歳以上、65歳未満)で、こちらは5.8%増とさらに大きな増加率となっています。これは蕨市が都心部へのアクセス性に優れたエリアというこから、働き盛りが軸となる生産人口の世代に高い評価を得た結果と考えられます。

■蕨市の総人口と生産人口の推移

※出典「蕨市役所HP 各年次別人口統計(1月統計)、年齢別人口統計(4月統計)」

※本書は社内資料として2019年7月に制作したもので、内容等については変更になる場合があります。予めご了承ください。